(2001.02.19)
 観光スポットとして有名なゆふいん。県内外から観光客が訪れます。大分市からはちょっとドライブすればたどり着くのに、実はあまり知らなかったり…。

 そこで、ゆふいんをじっくり取材してみようということになりました。今回がゆふいんシリーズ(になる予定)の第一弾!
 実は知る人ぞ知る方向音痴のわたくしコアラ・小野。地図を片手に出発!

 しかし、「地図があれば迷わない」なら方向音痴ではない…。先行き不安であります。
 ぐるぐる回りつつも、最初の目的地に到着し、ホッと一息。

 ココは茶廊 『緑蔭小舎』。以前、取材してください!というメールを頂いたお店です。
 お店では横川さんが笑顔で迎えてくださいました。

 このお店は、横川さんがお母様と二人で経営されているアットホームなお店。
 自宅の一室を開放してお店を開く。そこでは手作りのお菓子をお出しして、部屋には手作りグッズをディスプレイ…。

 憧れのライフスタイルを実現されている横川さんを前に、思わずインタービューに力が入る。
 喫茶のメニューには季節ごとに変わる和菓子があり、見た目も味も楽しませてくれます。

 若い人にはチーズケーキが人気だとか。こってり濃厚なチーズケーキがたまらなく美味しいんです。皆さんも必ず食べるべし!!!
 勢いにのって散策は続きます。歩きながらふと目にとまったのは雑貨屋さん。

 アジアの雰囲気が漂っていて魅力的。ふらりと立ち寄ってみることにしました。
 『茶衣』というそのお店、中国茶と輸入雑貨を扱ったお店でした。

 事前に取材依頼をしていなかったので、「お話をうかがいたいんですけど。」と、突撃取材を試みたところ…
 「担当の者です。」と表れたのは、なんと偶然にも高校時代の同級生!!!

 「きゃぁ!ユキちゃん?」「ミカちゃん?」とお互いビックリ!こんなことってあるんですね。
 ご自慢の中国茶を頂きながら、思い出話に花が咲きます。いやぁ、あの頃は若かった…。

 頂いた茘枝紅茶(ライチこうちゃ)は、お砂糖が入っていないのにほんのり甘いんです。とっても美味しかったので思わず買ってしまいました!これ、イチオシです。
 さて、次のお店でお出迎えしてくれたのはワンちゃん。

 動物全般が苦手な小野、へっぴり腰気味にシャッターを押す。
 こちらのカフェ 『あーでん』のオーナーはワンちゃんではありません。(わかってるって?)

 オーナー・大谷さん。コアラメンバーでもいらっしゃるので、コアラのメーリングリストなどでご存知の方もいるのでは?
 私も以前からあーでんのホームページは拝見していて、一度お邪魔したい!と思っていたんです。

 今回それが実現できて嬉しい!

 カウンターにはカワイイ imac がありました。これでHPを更新されているとか。
 あーでんのことをいろいろとうかがった上に、ゆふいんのオススメスポットもあちこち教えていただきました。

 地元の方のクチコミって信憑性が高いですよね!どこを教えていただいたかは、次回のレポートでのお楽しみ…。
 そうそう、ゆふいんの観光のことならココでしょう。由布院観光総合事務所。

 旅行中、どこに行くか迷ったら、こちらで相談をするというのも手かもしれません。
 こちらは由布院観光総合事務所の井尾さん。

 お店だけでなく、「ココからの由布岳がキレイですよ。」とか、「ココは春に花がいっぱい咲いていいんですよ。」と、ゆふいんらしいスポットを紹介してくださいます。
 そう。ゆふいんには食べたり買ったりするだけでなく、見て楽しむ場所もたくさんあるのです。

 ステキなゆふいんの光景にどっぷり浸るのもまた良し…。
 そうこうしているうちに、あたりは夕暮れ時に。ゆふいんの象徴ともなっている金鱗湖。

 夕日に照らされてとてもキレイです…。
 「ぐぅーっ。」…あっ!そういえば、今日はランチ食べてないわ!猛烈にお腹がすいてきた。

 そこで、緑蔭小舎の横川さんが美味しいと絶賛していた、ペンション豊の国のレストラン『洋灯舎』へ。
 ハンバーグがオススメとおっしゃっていたのを思い出し、迷わず注文。

 豊後牛のハンバーグは、肉汁たっぷりでとろけるよう。美味しかったですよ!あぁ、幸せ。
 取材を終えて帰路に着いた時にはすでに辺りは暗くなっていました。

 帰り道の途中、ゆふいんの夜景を見下ろす。ロマンティックな光景でした。きっとココはデートスポット。
 今回のレポートはココまでですが、地元の方のお話をうかがっていると、まだまだ行ってみたいところがたくさんあるゆふいん。ぜひぜひ、第二弾をレポートしたいと意気込んでいますので、お楽しみに。

 また、近々ゆふいんに赴く予定のある方、今回ご紹介させていただいたお店も訪れてみてくださいね。

今回訪れたお店の詳細レポート
茶廊 『緑蔭小舎』
中国茶と輸入雑貨の店『茶衣』
Living Cafe『あーでん』

reported by mika ono : breeze@fat.coara.or.jp

コアラ / 天神コアラ