ハイパーネットワーク2001 別府湾会議
HyperNetwork2001 Beppu Bay Conference
ブロードバンドコミュニティ 2日め
2001.11.16

ハイパーネットワーク2001別府湾会議の2日め。
朝の9時から、湯布院の各会場に分かれ6つのテーマについてセッションが行われました。

セッション5
グループ1:ケータイ・コミュニティ

私は、自分の環境に一番近い『ケータイ・コミュニティ』を選択しました。

iモードのヘビーユーザーのコミュニティに詳しい山村恭平氏。
iモードは、実は当初ビジネス目的で開発され、こんなに一般的に使用されるとは予測もしていなかったそうです。

▲山村氏著の『iモード神話と真実』
これは何か知っていますか?携帯のメールの文字を打つのに苦労するために、使用しない!という方多いと思います。これは、こうやってつなぐだけでミニパソコンに大変身。画期的なのかな?
パソコンでインターネットを使用している人は東京では40%に達したそうですが、裏をかけば60%の人がまだインターネットを使用していない計算になります。そのパソコンを持たないケータイのヘビーユーザーがたくさんいるということを念頭において、ブロードバンド化というのをすすめてほしいです。別に動画をみなくてもいいと思っている人もたくさんいるということです。

 

 

セッション6
全体討論

いよいよ、最後のセッション。

まずは、2日目の午前に分かれて行われたセッション5の報告会。自分の参加できなかった、他のグループの話しも気になります。

ン?疲れがでて、居眠りしている人はいませんか?
最後のセッションが行われた蒔絵美術館からは、絶景の由布岳が……しかし、この絶景にも外観を壊す電線があります。いつのひか、光ファイバーとともに地中にうめられて完璧な姿を望みたいものです。
セッション最後ということもあって、願望や明日からの取り組みについてのディスカッションがさかんに行われました。

最後の最後は、みんなで拍手。ほんとうにおつかれさまでした。そして、とても勉強になった2日間でした。

この会を通じて、あらたな交流がうまれたのはいううまでもない…。

関係者のみなさんおつかれさまでした。

 


reported by yuri kinoshita: yuri_k@elf.coara.jp