2001.11.19
びっくり!季節はずれの赤ちゃん誕生!

アメリカバイソン親子
 草食動物たちは、今が恋の季節。この時期に恋が実った動物だけが、翌年春〜夏にかけて子宝に恵まれるわけですが、晩秋のこの時期に、なんとアメリカバイソンの赤ちゃんが誕生しました。(11月1日)

 バイソンは1産1子で、通常5月〜夏にかけて出産します。妊娠期間は約270日くらいですから、恋が実ったのは、1月末から2月の初旬にかけてという計算になります。担当スタッフも「これから寒くなるのに大丈夫かな?」と心配していましたが、いつも母親がつきっきりで世話をしているので、どうやら心配はないようです。

 アメリカバイソンの体色は成獣で黒茶色です。赤ちゃんは体色が異なり、赤かっ色をしています。群れの中でひときわ明るい体色をしているので、すぐに姿を確認することができます。

 元気に飛び跳ねる赤ちゃんの姿を見れるのは、生後2ヶ月くらいまでになります。ぜひこのかわいらしい時期に見にきてほしいと思います。
今週から、アフリカンサファリさんの協力で動物の最新情報をお届けするアニマルトピックスがはじまります。毎週月曜日に更新されますのでお楽しみに!