夏はマーチング!!
2001.8.8

大分の夏と言えば…。
毎年恒例の「おおいたマーチングフェスティバル」が8月11日、別府ビーコンプラザで開催されます。
本番に向けて猛練習中の、大分女子高校吹奏楽部のみなさんを直撃取材してきました!
吹奏楽部のみなさん、実は先月29日に行われた県吹奏楽コンクールで、見事金賞受賞!県代表に選ばれたばかりの実力派。

8月の終わりには九州大会、9月にはマーチングコンクールも控えており、大忙しなのです。
30℃を超える猛暑の中、太陽の照りつけるグラウンドで
キビキビと練習です。長袖と麦わら帽は必須アイテム!

今年の夏の猛暑、熱中症対策などに苦労されているようです。
今回、大分女子高校のみなさんは、ミュージカル「エリザベート」をモチーフとしたマーチングに挑戦。
(19世紀末のオーストリア・ハンガリー帝国、類を見ない美貌の持ち主、ハプスブルク家の皇妃エリザベートの生涯と黄泉の帝王トートの物語。宝塚版をご存知の方も多いのでは?)

みなさん、宝塚版を何度も見て研究されたそうです。
こちらはカラーガード担当のみなさん。
曲の最後にかなりの見せ場があるとか・・・。
期待してます。

工夫された衣装やメイクにも注目です!
←練習風景。(左の画像をクリックするとちょこっと動画)
 ちょっとでも動きが乱れると、みんなで注意しあいます。
こちらは暑い中質問に答えてくれた3年生のリーダーのみなさん。

二宮さん(部長)
森本さん(副部長)
川越さん(ドラムメジャー)
立原さん(カラーリーダー)
合田さん(バンドリーダー)
みんな仲が良くて、楽しそうでした。

写真が小さくなって申し訳ないです。
今回の見どころは??
「ソロが多いのと、最後のカラーの見せ場です。パーカッションのソロもすごいです。」

部長の二宮さんから一言!
「お客様に楽しんでいただけて、自分たちも楽しめるような演技・演奏をしたいです。
 精一杯がんばりますので、ぜひ見に来てください。」
顧問の上野浩一先生です。

「曲のつなぎあわせではなく、ストーリー性、
テーマを持ったいい音楽をつくっていきたい」とおっしゃっていました。

そして一言PR
「マーチングフェスティバルに参加することで、マーチングの好きな仲間をふやし、一般の方にも興味を持って頂きたい。ぜひ応援に見に来てください。」
暑い中突然の取材に快く応じてくださった大分女子高校のみなさん、ありがとうございました。
練習の成果を本番で発揮されることを期待しています。がんばってください!
主催の大分合同新聞、事業部担当の庄さんにもお話を伺いました。
「暑い中、一生懸命練習した出演者のみなさんの熱演を、ぜひご覧ください。」とのこと。

出演団体は24団体、保育園の園児の皆さんからお年寄りまで、幅広い出演者層です。
今回のゲストバンドは福岡県警察音楽隊のみなさん。
協賛のコカ・コーラ オリジナルグッズの抽選会もあるそうです。

みなさん、「真夏の音楽の祭典」にぜひぜひ足を運んでみてください。

第22回 おおいたマーチングフェスティバル

日時:平成13年8月11日(土)
    昼の部 11時30分〜(開場11時)
    夜の部 16時30分〜(開場16時)
会場:別府市・ビーコンプラザコンベンションホール

入場料:指定席 2,500円
     自由席おとな(中学生以上) 2,000円
     自由席子ども(4歳〜小学生)1,000円
※当日券は前売りの値段プラス500円になります。

主催/大分合同新聞社・大分マーチングフェスティバル実行委員会
お問い合わせ/大分合同新聞社事業部
         рO97−538−9647

reported by miyako taguchi