バーチャル国際見本市

 おおいたバーチャル国際見本市は、大分県内の各企業が海外企業との取引のきっかけを作っていただくために、インターネット上に開設する国際見本市です。
 本日、そのホームページが公開されることになりました。
 開設式は県庁で行われました。

 インターネットを使った見本市ということで、会場の前方にはスクリーンが設けられ、コンピューターの画面が表示されるように設定されていました。
 ネット上から大分や海外の出展企業にコンタクトできるという興味深いこのホームページの開設にあたって、たくさんの方が式に参加されました。
 はじめに平松知事からご挨拶があり、大分がグローバルな都市に発展するためにも、この開設が貢献していくだろうとお話されました。
 この会場には尾野コアラ事務局長も出席。

 実は、このホームページのサーバーがコアラ事務局のお隣のハイパーネットワーク社会研究所にあり、その関係でご招待されたとのこと。
 マスコミの方々も多数来られてこの式の取材をされていました。やはり多方面から注目されているのですね。
 コンピューターの画面をを見つめる皆さん…実はこれ、画面上でのテープカットなのです。

 今回、コンピューターの画面上にいるキャラクターを動かしてテープカットがおこなわれました。

 マウスでテープカット…凝ってますね。無事に切れて良かった。
 さて、無事にテープカットが済んだところで実際に画面を見てみることに。

 テーブルの上に置かれたコンピューターや、前方のスクリーンで実際のバーチャル国際見本市を体験。
 こちらはその画面。(うまく撮れなくてすみません…)

 きれいにまとまって見やすく、なんといっても手軽に海外との取引がはじめられるのがいいですよね。

 みなさんも、ぜひ1度このバーチャル国際見本市を体験してみてください。
   URL http://vtrade.pref.oita.jp/
reported by mika ono : breeze@fat.coara.or.jp
ニューコアラ / 天神コアラ