SuperStar Taurus
(2000.03.16取材)
 アジア最大の客船運行会社「スタークルーズ社」神戸・福岡・釜山・別府をめぐる4泊5日の定期クルーズ「スーパースター・トーラス」を運行させることになったのはご存知でしょうか?
 3月16日、そのスーパースター・トーラスが別府市の別府国際観光港に初寄港しました。
 生憎のお天気にもかかわらず、この豪華客船を一目見ようと大勢の見物客や取材陣が集まりました。
 大分県警察音楽隊による演奏がこの初寄港のお祝いムードを高めます。
 別府国際観光港では歓迎式典が開催されました。
 スタークルーズ社の代表は、「たくさんの人に気軽にクルーズを楽しんで欲しい」と挨拶。
 船長には記念品が贈呈されました。
 気になるその記念品。

 それは水難避けの鬼面でした。(こ、怖い…。)
 古戦場太鼓の演奏も披露され、歓迎ムードを盛り上げます。
 船上からは乗船客が見物。
 武士のいでたちで太鼓の演奏をしている皆さん、寒い(雨もちらほら…)のにもかかわらず、足袋をはいていらっしゃいました。

 ご苦労様です…。
 演奏後、ほっと一息ついているところをパチリ。

 ゴツゴツした衣装のせいで怖そうに見えた方々も、普段の笑顔にもどって撮影に応じてくださいました。

 歓迎式典が終わると、いよいよ乗船客の皆さんが別府に足を踏み入れることに。

 迎えてくれるのは…青鬼くん&赤鬼くん。

 別府の温泉、地獄めぐりをイメージしているんですね。
 それに高崎山のおサルさんもお出迎え。(赤いオシリがキュート!?)
 また、地元の小学生達も出口で乗船客を迎え、記念品を手渡していました。
 子供たちが手渡していたもの…それは1人1人の手書きメッセージ
 そのメッセージには、「ようこそ別府へ」と題し、「温泉を楽しんでください」「別府はいいところです」などと書かれていました。
 それにしても、この時会場はものすごい

 大分の観光地のパンフレットを乗船客に配ろうとやってきた皆さんも、パンフレットが飛ばないように必死で押さえていらっしゃいました。(でもこの体勢じゃ、渡せない…?)
 花束贈呈の為にいらしたミス別府も、帽子が飛ばないように押さえるのに必死!
 この強風の中、下船した乗船客の皆さんは、夕方18:00まで大分で観光を楽しむ為にバスに乗り込みました。

 観光には3つのコースがもうけられており、地獄めぐり&湯布院、宇佐観光、杉の井ホテル直行のいずれかを選ぶようになっているとのこと。

 それぞれ楽しんだ後は再び乗船し、今度は神戸に向けて出向します。短い時間ですが、大分の良さを感じていただけるように…と願います。

 このクルーズによって、大分の観光がより多くの方にとって魅力的なものになることを期待したいですね。

 また、アジアへの道が1つ増えたことによって、大分の国際化にも一役かってくれることでしょう!

reported by mika ono : breeze@fat.coara.or.jp
ニューコアラ / 天神コアラ