大分オランダフットサル交流試合
(2000.04.18)
 4月18日、大分市の若草公園にてオランダ軍艦「ヴィッテ・デ・ヴィット」護衛艦の乗組員と市民とのフットサル交流試合が行われました。
 この試合は、日蘭交流400周年記念事業の一環として行われたもの。
 日本文理大学チアリーディング部による演技も披露され、華やかなムードが加わります。
 こちらは踊っているわけではありません。試合開始前のストレッチング。

 オランダのみなさん、楽しそうに準備運動をしていました。
 いよいよ試合本番。

 和やかなムードですが試合はもちろん真剣です。
 フットサルは「サッカーのミニ版」といった感じのスポーツです。

 やはり、スポーツ観戦はじかに見るにかぎりますね。近づくと迫力が違う!
 会場が、市内の商店街の真ん中にあることもあって、観客の方々も集まっていました。
 試合の合間にオランダの選手を撮影。

 とても気さくな皆さんです。
 こちらは日本文理大学のチアリーディングのメンバー。

 笑顔が眩しいですね。
 そして今回大分市から試合に参加した自衛隊護衛艦乗組員チームの皆さん。

 この他にも、大分からは日本文理大学チームと大分大学チームが参加。

 写真からもわかるように、和気あいあいとしたムードで大会は進行しました。
 今回のフットサルの試合だけでなく、日蘭交流400周年記念に関する様々なイベントが行われています。

 それらが大分の歴史に目を向けたり、オランダとの交流に取り組んだりするきっかけなると良いですね。

reported by mika ono : breee@fat.coara.or.jp

ニューコアラ / 天神コアラ