.

 おでかけレポート By COARAメンバー

2000年 > 2月5日 ワカメじゃぶしゃぶ 


2000年、海のシーズンが始まってしまった。

2000/2/5 佐賀関 幸崎浜

 

いつものように北風が吹いて、いつものように海が荒れると、それは佐賀関にワカメがやって来たことの知らせです。今年も地元の人の協力ものと、ワカメ拾いに兆戦しました。

波にもまれてちぎれた海草が、波打ち際を漂います。海の色がなんとなく黒くなっているのがわかりますか?その中にワカメがあるのです。運わるく砂浜に打ち上げられ海草もあります。その中にもワカメが混ざっているのです。さあ、どれがワカメかわかるかな?(中央の下のほうに1つありますね。)

海が大きく荒れた時には、海面が真っ黒になるくらい海草が漂います。また砂浜は打ち上げられた海草でいっぱいになり、歩く場所が無いくらい。そんな時はバケツに何杯ものワカメが収穫できます。いっぱい拾って親戚とか友達に宅急便で送ってあげましょう。

北風、もっと吹かないかなあ。

 

今日の晩ご飯はワカメシャブシャブです。長火鉢に炭をおこして、土鍋をセットして、採れたばかしのワカメをシャブシャブにしていただきます。

ワカメは海の中では黒色。拾い上げると茶色。そして、お湯につけるとみごとな黄緑色になります。この時期のワカメはエグミがまったく無くて歯ごたえがあって、そりゃーそりゃー美味しいものです。

幸せです。しあわせですね。

 

ワカメという幸せ拾い 春を待つ

 


Reported by 杉輝章(sugi@fat.coara.or.jp)
すぎさんのページ http://www.coara.or.jp/~sugi/
ニューコアラ | 天神コアラ