美容室は日本一激戦区・大名
美容室でどう過ごす?

 先日、FMラジオを聞いてて、ふと耳に入ってきました。
 今、将来なりたい人気職業に、美容師さん、大工さん、、、と子供達が答えているんだそうです。
 腕に技術を・・・ということ?


 大分で生活していた私(友成)が、福岡市で生活することになり、最もカルチャーショックを受けたことの一つが、美容室のあまりの多さ。

 季節の節目になると、各雑誌社が福岡のヘアブティック・カタログを配付します。これが結構厚い。

 雑誌を見ても、街を歩いていて気がついた美容室を覗いてみても、おしゃれで洗練されたインテリアで装飾された美容室ばかり。
 だからといって、ヘアスタイルを変えてもらう訳ですから、インテリアで選ぶわけにもいかないし・・・どこを選んだらいいのか難しいですよね。

 私が行き着けの美容室は、昨年オープンしたばかりの『美容室 Bijoux』。

 オーナーの熊谷眞由美さんは、深夜番組の『Domo(ドーモ)』のヘアメイクをされている方。
 取材で訪れたこの日、パリへ出かけたばかりで不在でしたが、パリコレやミラノコレクションでも活躍されている実力派の女性。毎日、美容室での仕事が終わった後、深夜番組のヘアメイクのお仕事へ行かれるのだとか。

 福岡市の天神・大名は、日本の中で最も美容室が密集している地区。

 オープンしても、1年程でなくなってしまうお店も多く、固定客をいかに増やすか、そのために美容師さんが新しい技術やセンスを磨くことに、熾烈な戦いを交えているわけです。

 美容室がビルの上の階に入っているのも、天神ではよく見る光景です。

 最近では、美容師さんになろうと思うと、大学に行くのと変わらない程授業料がかかるそうです。腕を磨くために留学したりすれば、当然大学以上の費用をかけることになるのだそうです。

 さて、今年の夏流行のヘアスタイルをお伺いしてみました。

「日本は東京の流行が福岡に流れてくるので、人気の芸能人のヘアスタイルと同じ様にと、シャギーを入れたり、髪の量を薄くするようなカットの入れ方が主流になってしまいます。
 でも、パリコレなど海外のコレクションを見ていると、ロングヘアでパーマやシャギー等、手の加えてないナチュラルなヘアスタイルが先端を行ってるようです。」(原田さん)

 ここでは、カットやパーマなどが終わると、お店の方がデジタルカメラで出来上がりを写真データにおさめ、ヘアスタイルがデータベースになります。

 前、横、後ろ、、、とデジタルカメラで記録に残してもらいます。

 多くの女性がそうだと思いますが、私が美容室へ行くのは、ヘアスタイルを変えて、息抜きやリフレッシュしたい時です。
 美容師さんに、ヘアケアの相談したり、ちょっとした世間話をすることも、ふだんの忙しい生活から一歩離れて、自分のことだけを考えてみる、素の自分に戻る時間です。

 最後に。
 若者が溢れる大名にいて、街を歩く人達を見ると、ファッション、ヘアスタイル、どう思いますか?

「福岡に限らず、日本そのものが言えるんでしょうけど、同じものに溢れていると感じます。若い人達がもっと自分らしさ、個性をもっと出していくべきじゃないかな。」(諏訪店長さん)


1999.5.12 Reported by Miho Tomonari