入学式
大分市立春日町小学校
〒870-0038大分市西春日1

桜が綺麗な時期になり、もうすっかり春です。そして新生活が始まる時でもあります。

この日、4月13日、小学校の入学式が行われました。

125回を数える、大分市立春日町小学校には102名のかわいい新1年生が誕生です。


(6年生の青柳君と麻生君)

入学式の受付では、6年生になったばかりの生徒さんが、手を取って教室まで案内していきます。

「お兄さんになった気分がする。」「自分の入学式を思い出すけど、あっという間だった。」と、最上級生になったのを実感している様でした。
(下級生のお世話をする6年生。とても頼もしくみえました。。。)

そしてお互いの手を取り合い、新入生達が元気に入場し、式が始まりました。

大勢に見つめられ、緊張している様子。

そして内田長喜学校長からは、「一人でしましょう。約束を守りましょう(交通事故にも気を付けて)。挨拶をしましょう。」と、3つの言葉が送られました。
幼稚園とは違い小学校では、集団生活の中で何でも1人でしていかないといけません。

挨拶がきちんとできる、新1年生。
「入学おめでとう。」という言葉に、大きな声で「有り難うございます。」と、必ずお礼を皆で言う姿が本当に愛らしいのです。

式では、「もうすぐ遠足もあって、夏にはプールにも入れて楽しいよ。」と、成長した2年生から、お祝いの言葉と歌が披露されました。
1年前に入学したばかり。でもみんなしっかりしています。

会場には、お子さんの晴れ姿をホームビデオやカメラで必死に撮影する保護者の姿がみられました。


(西山君とお母様)

今仁さんご家族。「うちの子は周りとは比較的溶け込みやすいから大丈夫とは思うんですけど、嫌いな食べ物があるので、給食がちゃんと食べれるか、ちょっと心配ですね。」と、お母さん。そして、「友達いっぱい作りたい。」とさおりちゃん。


(小野君とお母様)

ハイパー研の藤野さんの次女、里紗ちゃんも今日が入学式。「上の子の経験があるから、そんなに緊張はしてないですね。それに同じ幼稚園の子もいるからあまり心配はしてません。」と、お母さんの好江さん。そして「入学して、よかった。」と里紗ちゃん



いよいよ小学生です。
これから6年間たくさん友達作って、元気に楽しい学校生活を送ってもらいたいですね。

ご入学おめでとうございます。

(by Yuko Kusamoto)