雨の久住で見つけた
国産小麦の手作りパン

「美味しいパン屋さん見つけにいこうか?」。

 雨のしとしと降る久住をドライブ中、偶然見つけたパン屋さん。

 道路わきに「手焼きパン」の看板がなければ、見過ごしてしまいそうな納屋のお店です。

 この古惚けた感じがいいでしょう?

 人工的に手を加えたのではなく、本物の古さです。

 そして、本物の納屋。

 物置きそのものなんですけど、その片隅をお店にしてしまっているところが、なんともおしゃれ。

 若き女性たちがドライブ途中に立ち寄っては、手焼きパンを手に入れてゆきます。

 お店といっても、納屋の中のこの一角。

 パンを並べている小さなテーブルだけなんです。

 パンひとつひとつがズッシリ重くて、町のパン屋さんのものとは、ちょっと違う。色もツヤも人工的でなくて、、、見た目もぜんぜん違いますよ。

 これは体に良さそう。

 奥さんによると・・・
「今日は乳酸菌が多いから酸味が少し強めですよ。天気で変わるんです。」

 いただいたパンフレットを見ると、このパンは、15時間〜17時間をかけてじっくり焼き上げるのだそうです。
 自然塩やきび糖を材料にし、ミネラル分もたっぷり。乳酸菌のために消化吸収にも特に優れているのだそうですよ。

 お店には、彼女が大人しく座ってお客様をおむかえしています。

 私のいただいたレーズンパンとナンは、モチモチっとして確かに酸味があり、すごーく!美味しかったです。

 地方発送もされているとか。
 これから暖かくなりますし、ぜひ訪れて見ることおススメです。

 ネコの彼女にも会いに・・・。

 

 『森の工房 カマリロ』 田部真吾
 住所:FAX:0974-77-2278 

 


Reported by MIHO TOMONARI