春ですよ!
道沿いに青空青果店が並んでいます

 3月5日(金)、大分市の日中はとても暖かでしたね。

 用あって外出したのですが、大分市の賀来付近の道路沿いに、無人青果店が並んでいました。
 今取ってきたばかりのような、パンパンの水々しい野菜や果物が置かれています。

 ずらりとお店が並んでいるのですが、無人のお店ばかりとは限りません。

 綺麗に作物を並べて、人もちゃんといる八百屋さん風のお店もあります。

 この近所は、畑やビニールハウスが目につきますので、ここから収穫したものがお店に並んでいるのでしょう。

 住宅地とも並んだ、ビニールハウスの中を覗いてみると・・・。

 ストロベリ・フィールド!

 なんて幸せな光景なんでしょ。

 思わず、手をのばして摘んでしまいそうですよ、これ。(いかん、いかん)

 ミツバチが飛んでいたので、思わず逃げてきてしまったのですけど、甘い香りが漂っていました。

 うーん!がまんできない!

 ・・・というわけで、リヤカーを棚にしてイチゴや野菜を売られていたおばあちゃんの所へ行ってみたのであります。

 お目当てのイチゴを1パックいただくことにしました。

 このイチゴ、おばあちゃんのところのビニールハウスでとれたものだそうで「形がおかしいんやけど・・・」と申し訳なさそうに、他の袋から5、6つぶのイチゴをとって「今食べてみなさい」と、手わたしてくださったのです。

 これが果肉がちょっとかためで酸味の強い、懐かしい味のイチゴだったのです!感動。

 春の味覚、イチゴが美味しい季節になりました。
 あたたかくなると、あちこちへ行ってみたくなりますねー。
 By MIHO TOMONARI