大学のお菓子!?

 今春、九州大学経済学部を卒業し、ピカピカの社会人となられる安土満俊さん(コアラメンバー)が天神コアラ事務局へお土産を持って立ち寄られたのですが...。

 そのお土産というのが・・・

 『いも九』というお饅頭。

 九州大学の学生さんを例えたお菓子なんだそうです。

 ちょっとだけ調べたところによると、九大生は自らを「いも九」と称した時代があり、ひたすら青春のエネルギーを発散させていたのだそうです。

 かつて九大生だった尾野コアラ事務局長。

 「ボクらの時代は、マンガの“オバQ”が流行ってた時だったから、“九大”って書く時には“Q大”って書いてたんだ。」


 なかなか美味しい!と、さっそく食べる一同

 学校の名前の印刷されたレターセットやブックバンド、ペンやノートはどこの学校でも大抵ありますけど、お土産にできるようなお菓子まであるんですね。

 ちなみに、西南学院大学をイメージした洋菓子もあるようです。
 こちらは、「テールヴェトブッセ」というおしゃれな名前。

 

私たちもさっそく味見。ちょうど3時のおやつにタイミングよかった・・・。


 UCLAのスクールショップの建物

 そういえば、この1月にカリフォルニアのUCLA(アイビーリーグでも有名な大学)へ行った時、スクールショップ(日本でいう大学生協みたいな所)に行ってびっくりしたんだった。

 大きなスーパー並みの建物に、UCLAのロゴ入りグッズがズラリ、ズラリと並んでいるんです。


 スクールショップの中

 左写真はそのスクールショップの中。

 UCLAのロゴ入りTシャツやトレーナーが並んでいる様子です。

 マグカップから雑貨、衣類などの種類は半端ではありません。私が行った時は休みの時期だったのですが、観光客が多く、お土産売り場と化してました。

 私が大学生の時代には、有名私立大学だとスクール・リング(校章をおしゃれにデザインした指輪)なんてあって、その大学の女子学生がちょっとしたおしゃれとして(ちょっとした自慢にかな?)リングをはめてました。

 愛校心を持っている方たちって少なくなっているとは思うのですが、考えてみると、スクール・ブランドというのもなかなか面白いですね。 


By Miho Tomonari