ショッピングは天神まで・・・?

 先ごろ出版された「九州経済白書」(九州経済調査協会/3000円)によると、福岡は、国際物流、コンベンション機能の急速な充実ぶりが特に他県を圧倒しているようです。続々と新設されるホテル、ショップは、よく目につきます。
 また、依然として天神の物流戦争は激しいようで、デパートでは若い女性に人気のテナント・ショップが次々オープンしているようです。


 大分市に住む私の母は、昔から(スーパーで足りる物以外の)買い物といえば、大分市の某デパートが一番だ、といい続け、洋服、食器、パソコンなどを必ずといっていいほどこのデパートで手にいれていました。

 ところが、母は半年ほど前から、高速バスに乗って天神のデパートで買い物をするようになったというのです。

 天神の某デパートの会員になり、送られてくるパンフレットも参考にしているようす。

 実際、この1月に天神のデパートで購入した服を補正をしてもらったために、大分から天神へ取りにやってきました。

 私(娘)が天神で2、3のデパートへ案内し、最後に地下の食品売り場で買い物をすませると、母は天神のデパートがいかに自分の想像を超えるものだったかを思い知らされたようで、圧倒するばかり。
 お店の数、品数の多さ、店内の利便性、“あかぬけた”作り、値段は大分よりも安いかもしれないような価格で良いものが買える・・・。
「高速バスを降りたら、三越デパートっていうのは、すごいなぁ・・・」
と、最初から驚きっぱなし。

 翌日、大学を卒業する妹の、謝恩会に出席する時のパーティドレスを母が調達することになったらしく、再び某デパートへ・・・。

 まず、若い女性の洋服売り場が地下にあることに驚く。

 実はこれ、結構便利なことなのであります。天神は地下道とデパートが繋がっていますので、必ずしも、地下が食品売り場であることが魅力的だとは限りません。食品売り場は、地下2階にあるデパートが多いようです。

 ひとつひとつのお店が余裕をもって作られているのが天神のデパートの魅力でもあります。

 妹が服を選んでいる間、母はお店の中の椅子に座って、ファッションショー状態の妹を選ぶ服を見定めているだけ・・・。

 天神で購入した服を買って着ていても、「あそこで買ったでしょ?」と言われることはめったにありません。

 大分ではよく言われます・・・。

 ちなみに、妹があれこれ試着してみている間、私も隣のお店で1着ワンピースを購入してしまいました。

 見定め、即決、10分程度。

 これがいい、とすぐに気に入ったものが見つかってしまうのも嬉しい。しかも、少し安くなっていました。

 なかなか物が売れないといわれますが、「ショッピングしたい」という欲望は女性には常につきもの。

 激戦区である天神のデパートが、次々に新しい展開をみせ、ますます魅力的になってゆく中で、大分は大丈夫だろか・・・と心配になってきます。
 デパートはやはり主婦層からの支持が高い。
 (うちの母が天神に来るくらいですから)大分の主婦層は、天神にかなりなびいているのではないでしょうか・・・?


Report by Miho Tomonari