大分友の会・クリスマス制作品セール
12月4日・大分レインボービル7階

大分友の会による恒例のクリスマス制作品セールが大分駅前レインボービル7階にて開催されました。
11時のオープン前から行列ができる程大勢の人達が詰め掛けていました。


友の会が提唱する”自由協力愛”の言葉のように、
皆で自由に協力し愛のある世界を作ろうと、今回販売された品物は
会員の方々が心を込めて作った物ばかりです。

こちらは手芸作品です。
左(手遊び布絵本・1500円)は子供たちが遊びながら紐の結び方やボタンのとめ方を学べる物。

家にある使わずに眠っている物なども持ち寄られて販売されました。

手作りのお菓子等も売られています。
体に害のない材料だけを使用し、もちろん味にもこだわり、試行錯誤の末に完成した品ばかりです。だから安心して食べられます。


会員の永野美恵子さん(左)もバザーを手伝っていました。
1年近くかけてバザーの準備をするそうですが、忙しい合間での制作は大変だったとか。


このバザーは40年近く続いているそうですが、利益の一部は海外援助や社会福祉へ寄付をするそうです。
友の会では家事家計簿講習会も開いており、家計簿を付ける事により、家庭の経営を把握し、そして自分の生き方をも知る事が大事なのだと話されます。そして小野さんはもっと多くの人に家計簿を付けてもらいたいとおっしゃっていました。

大分友の会・総リーダー
小野寿子さん

このバザーは年1度だけ開かれます。今年は逃してしまった方もまた来年参加してみて下さい。


by Yuko Kusamoto