小さな、やおやさん

最近野菜が高いと話題になっていますが、大分市の街角でこんなお店を見つけました。

バイクに沢山の新鮮な野菜を詰めたリヤカーを引き、大分市内を売り歩いている小さなやおやさんです。


この歴30年の阿部武さんは、毎朝5時に大分市営青果市場へ買い付けに行き、季節の新鮮な野菜や果物を安く仕入れ、昼12時から夕方5時頃まで、大分市内を売っているのだとか。


ちょうど来られたこの常連さんは、「ここのは安くて、いい物だから、大阪の妹へ送ってあげるの。」と寒空の中、野菜や果物を買いに来られていました。


安くていい物ばかり!!

ほんと、この柿など、大きくてつやつやしていて、甘そうです。
1個100円

他にも土の付いた取れたの山芋も
1個100円

他の野菜も安く、きゅうり3本100円白菜150円大根120円、etc.
スーパーだと、倍近くするのでは。

最近では、スーパーでなんでも買える様になりとても便利な生活になりました。
でも、こういったお店の人との触れ合いがなくなっていくのは淋しい気がします。

暑い日も寒い日も新鮮な野菜を届けてくれる阿部武さん、

これからも私たちのために、美味しい物を運んで下さい。


by Yuko Kusamoto