Last Update : Jul 2, 2000(飴屋の坂写真入換)
              May 24,2000(初版)


【地 図】
住吉浜リゾートパーク

 広がる空、青い海、豊かな緑。 さわやかな自然にかこまれた滞在型リゾート
杵築ふるさと産業館

 『きつきハウスみかん』『きつき茶』などのを農産物はじめ、地元獲れ立ての水産物加工品など 杵築の物産品の販売コーナーや旬の料理を味わえるレストランが常設されている。
番所の坂

 江戸時代「北浜口番所」のあった坂道です。
勘定場の坂

 土塀と石畳が美しい杵築の代表的な坂。ゆるやかな傾斜と広い石段は、馬や駕籠かきの脚に合うように設計されたもの。
酢屋の坂

 北台武家屋敷から谷町を横切って南台武家屋敷に通じる石畳の坂道。
志保屋の坂

 酢屋の坂の対向にあり、南台武家屋敷へ続く。今では舗装されほとんど面影はない。
北台家老丁

 藩政時代に藩の重臣たちが住んでいたところ。 筆頭家老だった大原氏の大原邸や御用屋敷「楽寿亭」(現磯矢邸)、藩校などがあった。
大原邸

 北台武家屋敷を代表する建物。杵築藩の上席家老大原氏の屋敷であった。
磯矢邸

 御用屋敷(藩主の休息所)「楽寿亭」の一部に使われたこともある武家屋敷。 瓦や柱には1864年当時のものがそのまま残っている。
 敷地内には土蔵を改装した栗原克実美術館を併設している。
旧藩校の門

 今でも杵築小学校の門として使われている、旧藩時代の藩校「学習館」の門。 内側には旧藩校の30分の一の模型を配した『藩校模型学習館』がある。
佐野家

 代々医師で藩医を務めた家系。平成元年までここで診療が行われていたが、現在はやっていない。
飴屋の坂

 谷町から南台裏丁武家屋敷へ上がる、「く」の字形のカーブを描いて特徴のある坂です。
南台武家屋敷

 裏丁、本丁、松ケ小路、竹ケ小路、梅ケ小路・・・。格式の高い家が続いています。
杵築市民俗資料館

 杵築の特産物であった七島イや農林漁業関係のいろいろな道具を中心に郷土の民俗資料を収集展示しています。
きつき城下町資料館

 城下町復元模型、武家・町人の文化、先達・先哲の紹介など城下町杵築の歴史が展示されています。
長昌寺の石庭

 九州の枯山水庭園の白眉と称せられる。市指定文化財。
杵築城

 城下町を見下ろす小高い丘に建つこの小さなお城は杵築のシンボル
轟地蔵と十王像

 地蔵の顔に、白粉をぬって祈願すれば美人になれるとか・・・願いがかなうとも いわれ・・・ この地蔵の顔はいつも真白である。
 この地蔵とともに安置してある十王像は吉野朝時代末期の秀作で、 両地蔵像とも市指定文化財である。


杵築のホームページへ


メールの宛先:
yasushi@suyama.net