『玄語』の全階層ディレクトリ

このページは必ず固定ピッチフォントでご覧下さい。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

玄語の全体構造】


         大冊(本宗)
        /|\        
      /  |  \      
    /  |    \    
天冊---+---地冊
    \  |    /    
      \  |  /      
        \|/        
         小冊        

15443: 本宗は天地の両冊を包む。我が為に大冊と為す。




全テーブル表示へ

外字の確認はこちらで
(本文にリンクしている画像版からも確認できます。)


階層ディレクトリ型『玄語』
(ダウンロード用ファイル)



このファイルの行番号と梅園全集版『玄語』の対応表


【全階層表示】


	  玄語 GENGO
	  |
	  ├- 本宗 (一冊から成る。1787-88に書かれた)
	  |  |
	  |  ├- 侌昜
	  |  |    ├- 一二 (file 01)
	  |  |    ├- 剖対 (file 02)
	  |  |    └- 侌昜の図
	  |  |       ├- No.001   一不上図
	  |  |       ├- No.002ab  一一相食混成図一合(見開き一合図)
	  |  |       ├- No.003ab  気物相食混成図一合(見開き一合図) 
	  |  |       ├- No.004-005 一一相吐粲立図/気物相吐粲立図
	  |  |       ├- No.006ab  分合図一合(見開き一合図)
	  |  |       ├- No.007ab  剖対反比図一合(見開き一合図)
	  |  |       ├- No.008-009 一一精麁(精粗)図/経緯剖対図
	  |  |       ├- No.010-011 一二精麁(精粗)図/一二食吐図
	  |  |       ├- No.012-013 一一対待図/神物活立図
	  |  |       ├- No.014-015 天神天地図/神物剖析図
	  |  |       ├- No.016ab  事物図一合(見開き一合図)
	  |  |       └- No.017-018 天数図/人数図
	  |  |
	  |  └- 天地
	  |          ├- 天地     (file 03)
	  |          ├- 四界     (file 04)
	  |          ├- 二説四界 (file 05)
	  |          ├- 剖対     (file 06)
	  |          ├- 一二     (file 07)
	  |          ├- 剖対     (file 08)
	  |          └- 天地の図
	  |                    ├- No.019a    天容地居図一合(表)(表裏一合図)
	  |                    ├- No.019b-020a 天容地居図一合(裏)/各粗居各精図一合(表)
	  |                    ├- No.020b-021a 各粗居各精図一合(裏)/天象地質図一合(表)
	  |                    ├- No.021b-022a 天象地質図一合(裏)/没露隠見図一合(表)
	  |                    ├- No.022b-023  没露隠見図一合(裏)/宇宙
	  |                    ├- No.024-025a  転持図/運転合圏図一合(表)
	  |                    ├- No.025b-026  運転合圏図一合(裏)/天地図
	  |                    ├- No.027-028  日影図/覆載図
	  |                    └- No.029    四界図
	  |
	  ├-天冊 (二冊二部から成る)
	  |  |
	  |  ├- 活部 (1775年に書かれた)
	  |  |  |
	  |  |  ├- 道徳 (file 09)
	  |  |  ├- 道徳の図
	  |  |  |        ├- No.030a    一神一物図一合(表)
	  |  |  |        ├- No.030b-031  一神一物図一合(裏)/神物剖析図
	  |  |  |        ├- No.032ab    天神本神図一合 (見開き一合図)
	  |  |  |        ├- No.033ab    同剖析一合 (見開き一合図)
	  |  |  |        ├- No.034-035a  道徳混成図/道徳図一合
	  |  |  |        └- No.035b-036  道徳図一合/天神道徳図
	  |  |  |
	  |  |  ├- 天神 (file 10)
	  |  |  ├- 天神の図
	  |  |  |        ├- No.037     神物為成図
	  |  |  |        ├- No.038ab    天地為成図一合(見開き一合図)
	  |  |  |        └- No.039-040   天地象質成之図/歳運天地成之図
	  |  |  |
	  |  |  ├- 事物 (file 11)
	  |  |  ├- 事物の図
	  |  |  |        ├- No.041     図名なし
	  |  |  |        ├- No.042-043   事通物隔図/図名なし
	  |  |  |        └- No.044     図名なし
	  |  |  |
	  |  |  ├- 天命 (file 12)
	  |  |  └- 天命の図
	  |  |              ├- No.045     天命図
	  |  |              ├- No.046     体立状定図一合 (見開き一合図)
	  |  |              └- No.047-048   天行地居図/神運体立図
	  |  |
	  |  └- 立部 (1775年に書かれた)
	  |        |
	  |        ├- 本神 (file 13)
	  |        ├- 本神の図
	  |        |        ├- No.049a     神物剖析図一合(表)
	  |        |        ├- No.049b-050   神物剖析図一合(裏)/神活立物図
	  |        |        ├- No.051ab    本神天神図一合
	  |        |        ├- No.052-053a   神物合図/性才道徳図一合(表)
	  |        |        ├- No.053b-054a  性才道徳図一合(裏)/本神天神反気物図(表)
	  |        |        ├- No.054b-055   本神天神反気物図(裏)/天本合図
	  |        |        ├- No.056ab    本神天神図一合
	  |        |        ├- No.057-058   図名なし/保持奉運図
	  |        |        └- No.059     体用性才図
	  |        |
	  |        ├- 鬼神 (file 14)
	  |        ├- 鬼神の図
	  |        |        └- No.060a     性体気物一合(表)
	  |        |
	  |        ├- 体用 (file 15)
	  |        ├- 体用の図
	  |        |        ├- No.060b-061a  性体気物一合(裏)/性体剖析一合(表)
	  |        |        ├- No.061b-062   性体剖析一合(裏)/図名なし
	  |        |        ├- No.063-064   図名なし/図名なし
	  |        |        └- No.065-066   図名なし/図名なし
	  |        |
	  |        ├- 造化(file 16)
	  |        └- 造化の図
	  |                    ├- No.067     天地造化図
	  |                    └- No.068-069   造化生化図/循環鱗比図
	  |
	  ├- 地冊 (二冊二部から成る)
	  |  |
	  |  ├- 没部 (1787-88年に書かれた)
	  |  |  |
	  |  |  ├- 天界の冊
	  |  |  |   |
	  |  |  |   ├- 宇宙
	  |  |  |   |    ├- 四界       (file 17)  
	  |  |  |   |    ├- 通塞       (file 18)  
	  |  |  |   |    ├- 今中       (file 19)  
	  |  |  |   |    ├- 気物       (file 20)  
	  |  |  |   |    ├- 人境       (file 21)  
	  |  |  |   |    ├- 覆載之経緯 (file 22)  
	  |  |  |   |    ├- 循環鱗比   (file 23)  
	  |  |  |   |    └- 宇宙の図
	  |  |  |   |              ├- No.070    四界図
	  |  |  |   |              ├- No.071-072  宇宙転持図/宇宙図
	  |  |  |   |              ├- No.073-074  宇宙方位図/時処今中図
	  |  |  |   |              └- No.075    時処気物図
	  |  |  |   |
	  |  |  |   └- 方位
	  |  |  |           ├- 方位 (file 24)
	  |  |  |           ├- 形体 (file 25)
	  |  |  |           ├- 四紀 (file 26a)
	  |  |  |           ├- 中外 (file 26b)
	  |  |  |           └- 方位の図
	  |  |  |        ├-No.076    中外方位図
	  |  |  |        └-No.077    大小方位図
	  |  |  |
	  |  |  └- 機界の冊
	  |  |     |
	  |  |     ├- 転持
	  |  |     |    ├- 動静       (file 27)
	  |  |     |    ├- 本通塞神物 (file 28)
	  |  |     |    ├- 歳運転時   (file 29)
	  |  |     |    ├- 入形理     (file 30)
	  |  |     |    ├- 天地水火   (file 31)
	  |  |     |    ├- 運転GH   (file 32)
	  |  |     |    ├- 天象運行   (file 33)
	  |  |     |    ├- 小物       (file 34)
	  |  |     |    ├- 委曲入機   (file 35)
	  |  |     |    └- 転持の図
	  |  |     |              ├- No.078a     形理転持図一合(表)
	  |  |     |              ├- No.078b-079   形理転持図一合(裏)/神物入機図
	  |  |     |              └- No.080      転持方位図
	  |  |     |              
	  |  |     └- 形理
	  |  |        ├- 形理     (file 36)
	  |  |        ├- 正形     (file 37)
	  |  |        ├- 入斜     (file 38)
	  |  |        ├- 塊歧邪曲 (file 39)
	  |  |        ├- 総論     (file 40)
	  |  |        └- 形理の図
	  |  |          ├- No.081      形理正斜図
	  |  |          └- No.082-083    大小形理図/形位相合図
	  |  |
	  |  └- 露部 (1787-88年に書かれた)
	  |     |
	  |     ├- 体界の冊
	  |     |   |
	  |     |   ├- 天地
	  |     |   |    ├- 同胞孿胎 (file 41a)
	  |     |   |    ├- 条貫 (file 41b)
	  |     |   |    ├- 象質 (file 42)
	  |     |   |    ├- 真妄 (file 43)
	  |     |   |    └- 天地の図
	  |     |   |         ├- No.084    宇宙動静図
	  |     |   |         ├- No.085-086   動天地図/静天地図
	  |     |   |         ├- No.087-088a  同胞孿胎図/天地華液図一合(表)
	  |     |   |         ├- No.088b-089   天地華液図一合(裏)/四界図
	  |     |   |         └- No.090     図名なし
	  |     |   |
	  |     |   └- 華液
	  |     |           ├- 性体二界 (file 44)
	  |     |           ├- 散結発収 (file 45)
	  |     |           ├- 象質通脈 (file 46)
	  |     |           ├- 小境     (file 47)
	  |     |           ├- 用       (file 48)
	  |     |           ├- 一球二圏 (file 49)
	  |     |           ├- 剖析対広 (file 50)
	  |     |           ├- 一二分合 (file 51)
	  |     |           └- 華液の図
	  |     |            ├- No.091    体物図
	  |     |            ├- No.092-093   性物図/性体気物図
	  |     |            ├- No.094-095   為物剖析図/成物剖析図
	  |     |            ├- No.096-097  天含機体性図/体成大小二境図
	  |     |            ├- No.098-099a   性成象質二物図/天地圏一合(表)
	  |     |            ├- No.099b-100   天地圏一合(裏)/転図
	  |     |            ├- No.101-102a,102b  運図/双弦弧図(2種。校異参照。)
	  |     |            ├- No.103-104   性物剖析図/同反比図
	  |     |            ├- No.105-106  同比斜親疏図/性体二界図
	  |     |            └- No.107     大小天地図
	  |     |
	  |     └- 性界の冊
	  |        |
	  |        ├- 日影
	  |        |    ├- 四界     (file 52)
	  |        |    ├- 清濁通隔 (file 53)
	  |        |    ├- 素色文彩 (file 54)
	  |        |    ├- 清濁明暗 (file 55)
	  |        |    ├- 色界     (file 56)
	  |        |    ├- 運為     (file 57)
	  |        |    ├- 黒白青赤 (file 58)
	  |        |    ├- 光沢侌影 (file 59)
	  |        |    ├- 色変     (file 60)
	  |        |    ├- 二段寒熱 (file 61)
	  |        |    ├- 日影成   (file 62)
	  |        |    ├- 経緯寒熱 (file 63)
	  |        |    ├- 地中之物 (file 64)
	  |        |    ├- 人身寒熱 (file 65)
	  |        |    ├- 圏帯     (file 66)
	  |        |    └- 日影の図
	  |        |              ├- No.108a     清濁図一合(表)
	  |        |              ├- No.108b-109   清濁図一合(裏)/素色文彩図
	  |        |            ├- No.110-111   素色運用図/明暗図
	  |        |            └- No.112-113  寒熱図/寒熱緯図
	  |        |
	  |        └- 水燥
	  |           ├- 極微     (file 67)
	  |           ├- 日影水燥 (file 68)
	  |           ├- 吹火球   (file 69)
	  |           ├- 乾潤滋煦 (file 70)
	  |           ├- 水火     (file 71)
	  |           ├- 天象地質 (file 72)
	  |           ├- 経緯通塞 (file 73)
	  |           └- 水燥の図
	  |              └- No.114   乾潤滋煦図
	  |
	  ├- 小冊 (二冊二部から成る)
	  |  |
	  |  ├- 人部 (1775年に書かれた)
	  |  |  |
	  |  |  ├- 天人 (file 74)
	  |  |  ├- 天人の図
	  |  |  |        ├- No.115     天神天人図
	  |  |  |        ├- No.116-117a   天人道徳図/天人反合図一合(表)
	  |  |  |        └- No.117b-118  天人反合図一合(裏)/意為図
	  |  |  |
	  |  |  ├- 給資 (file 75  図なし)
	  |  |  |
	  |  |  ├- 言動 (file 76  図なし)
	  |  |  |
	  |  |  ├- 為技 (file 77 and file 78 図なし)
	  |  |  |      ※注 テーブル表示を参照のこと
	  |  |  |
	  |  |  ├- 人道 (file 79)
	  |  |  ├- 人道の図
	  |  |  |        ├- No.119    人道天命図
	  |  |  |        └- No.120ab   親疏尊卑図
	  |  |  |
	  |  |  └- 天命 (file 80)
	  |  |    
	  |  |
	  |  └- 物部 (1775年に書かれた)
	  |     |
	  |     ├- 大物 (file 81)
	  |     ├- 大物の図
	  |     |        ├- No.121     大小図
	  |     |        ├- No.122-123   統散容居図/持中天地図
	  |     |        ├- No.124-125   天地動植図/清濁没露図
	  |     |        └- No.126-127   視聴聞味図/交字舞踏図
	  |     |
	  |     ├- 小物 (file 82)
	  |     ├- 小物の図
	  |     |        ├- No.128     大物為于絪縕図
	  |     |        ├- No.129-130   小物成于絪縕図/動植気物性体図
	  |     |        ├- No.131ab    四部八隊図一合 (見開き一合図)
	  |     |        ├- No.132ab    水動植図一合 (見開き一合図)
	  |     |        ├- No.133ab    堅動植図一合 (見開き一合図)
	  |     |        ├- No.134ab    輭動植図一合
	  |     |        └- No.135     動植分合総図
	  |     |          
	  |     |
	  |     ├- 混物 (file 83)
	  |     ├- 混物の図
	  |     |        ├- No.136     天人給資図
	  |     |        └- No.137-138   体用性才天人合図/混気体図
	  |     |
	  |     ├- 粲物 (file 84)
	  |     └- 粲物の図
	  |        ├- No.139     混粲気体図
	  |        └- No.140-141   粲気体図/天人交接図
	  |
	  └- 附例旨 (file 85) (一冊。1775年に書かれた。)
	            └- 附言 (file 86) (1775年か、それ以前に書かれたと推測される)


【 一合図の名称について 】 「表裏一合図」、「見開き一合図」などの名称は、当サイト独自のものですが、ご自由にお使い下さい。 なお、「見開き一合図」を本に閉じる前を「左右一合図」ということにしています。 たとえば、No.101-102こちらとNo.099b-100No.101-102などの関係になります。 【 ファイル名(file78)の削除について 】 自筆稿本から推測するに、file78「**自安貌」なる項目名は、天明浄書本期に付け加えられたもので、 安永四年時点には存在しなかったものであると判断される。梅園の筆か黄鶴の筆か不明であり、かつ、梅 園の本来の項目の構成法には違反するものである。したがって、file77とfile78は、合わせて「為技」と すべきものであると考えられる。                                





★古典文献の電子処理は研究そのものではなく、研究のための予備作業でしかあ
りません。文献研究の本体は解釈と脈絡づけであり、それは今後の課題です。

★しかし、『玄語』は何と言っても難解すぎる書物です。そのことは梅園自身も
自覚しておりまして、自分の思想が生きている間に理解されるとは、思っていな
かったようです。そのためか自分の思想の解説というものもあまり多くは残して
いないのですが、梅園自身による数少ない梅園哲学の解説書の中に、当時の府内
(現在の大分市)の医師であった多賀墨卿(たがぼっけい)に宛てた書簡体の哲
学論文が残されております。                       

『多賀墨卿君にこたふる書』と言われるものがそれで、梅園自身も出来映えに
自信があったらしく、弟子たちに読ませるために、製本して手元に残しておりま
す。梅園哲学理解の一助となるかも知れませんので、ときおりご覧になって下さ
い。解説は随時書き足していきます。これは、書簡体の哲学論文としては、我が
国の歴史上、ほとんど唯一のものでしょう。                


★書物としての『玄語』の性格について述べますと、ハイパーテキスト「条理語
辞典」の【名詞の部】(約1400行)と【動詞の部】(約600行)を合わせると2000行
近くが語の定義に関係する文であることになり、その出現頻度は、8行に1行であ
ることになります。ということは、他の行が解説、語の関係の論理的推論、例話、
実証例の紹介などにあてられていることを考えますと、『玄語』はまったく新し
い世界像を構築しようとした書物
であることが分かります。      


これは、現代的に言えば、知識工学(Knowledge Engineering)で言うところの
知識ベース・システム(knowledge-based systems)における対象モデル(object
model)の中の世界モデル(world model)を取り扱った書物であることになります。
そのため記述が極めて合理的で、コンピュータとの相性が非常によいという、漢
字文献としては類例を見ない書物になっております。            


しかし、『玄語』を手がかりにして我々は、漢字文化における合理思想-西欧
のそれとは違うもうひとつの合理性-を、膨大な漢字文献の中に見出すことが出
来るかも知れません。それはおそらく可能でしょう。私の予測するところ、それ
はネットワークの論理として甦ってくるように思われます。なぜならネットワー
ク社会は人間同士がふれあう社会であり、それは基本的に人間的倫理によって成
り立つ社会であらねばならないからです。                 


『玄語』は、たしかに哲学書であります。しかし、それは、非常に論理的かつ
機械的に書かれており、哲学書にありがちな説教めいた部分を持ちません。それ
は工学にとっては、メタファーとなる知識の集合ですが、それ自体が非常に工学
的に書かれていますので、工学的に処理することが可能です。        


それは、『玄語』の構成が、以上のような階層ディレクトリ構造になっている
ことからも分かります。私は、2分探索が為されている範囲を<木>(tree)と呼
び、多分岐になっている部分を<葉>(leaf)と呼んでおります。そうなりますと、
白点(記号「》」で代用)と黒点(記号「〉」で代用)で一対になるように書か
れた『玄語』の文は<葉脈>に当たることになるでしょう。またその図は<花>
に当たることになるでしょう。ですから、文は白点の行と黒点の行が左右対称に
なった葉脈のようになっており、図は花びらがそうであるように回転対称になっ
ております。従いまして、『玄語』は全体として、世界を樹形モデルとして描い
た書物
となっております。                        




【 図の数が足りない 】

『玄語』の「例旨」を見ると、次のようにある。

16129: 五たび換えて纔に此の稿を得たり。四冊七本。例旨を併せて凡そ八本。
16130: 十余万言。一百六十有余図。                   
16131: 歴年二十三。換稿も亦た二十三。                 

これによると図は160数図なければならないことになるが、図の番号の最後
が140であり、これに数えられていない図(599~601頁までに載せられた6図)を
加えても、20図前後足りないことになる。「例旨」のこの文は、安永四年本の
『玄語』に書かれているものなのであるから、160以上の図が、この時点では
そろっていたはずである。しかし、岩波日本思想大系の『三浦梅園』を見ても、
『玄語図全影』を見ても、図の数が足りない。まさか梅園が「一合図」(2図で
一組の図)をふたつと数えたわけでもあるまい。行方不明の20前後の図はどこ
にあるのだろうか? またどうしてこれまでの梅園研究では、こういう基礎的文
献学的な調査を怠ってきたのであろうか? 杜撰な文献処理の上に築かれた今日
までの解釈作業が、果たして信頼できるものであるだろうか? 当サイトでは、
欠落していた図も、いずれ、作図して公開する予定である。         

 またこれまで「例旨」は、第一巻として巻頭におかれるのが通例であったが、
これは第八巻で、末尾に付属させるべきものである。内容から見て、「例旨」を
序文と考えたのであろうが、著者である梅園が巻末においたものを勝手に巻頭に
持ってきたりしてはいけない。                      

梅園自身の表現では、                         

16129: 五たび換えて纔に此の稿を得たり。四冊七本。例旨を併せて凡そ八本。

である。                                


表紙ページに戻る